バイオマス産業都市

1.バイオマスとは

「バイオマス」とは、動植物に由来する有機物である資源のことであり、化石資源を除いたものになります。具体的には、木質、食品廃棄物、下水汚泥、家畜排せつ物などがこれに当たります。

2.バイオマス産業都市とは

地域のバイオマスの原料生産から収集・運搬、製造・利用までの経済性が確保された一貫システムを構築し、地域のバイオマスを活用した産業創出と地域循環型のエネルギーの強化により、地域の特色を活かしたバイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまち・むらづくりを目指す地域です。関係7府省(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)が共同で地域を選定し、連携して支援を行います。

3.バイオマス産業都市のメリット

バイオマス産業都市の選定地域に対しては、バイオマス産業都市構想の実現に向けて、バイオマス産業都市関係府省連絡会議を活用しながら、構想の内容に応じて、関係府省の施策の活用、各種制度・規制面での相談・助言などを含め、関係府省が連携して支援を行います。

主な支援事業はこちら

4.十勝バイオマス産業都市構想について

biomas

19市町村で構成される十勝は、自然環境に恵まれており、農林漁業を主産業として発展し、我が国を代表する食料生産基地として様々な可能性を秘めています。

基幹産業の農林漁業などから発生するバイオマスの賦存量は豊富にあり、多くの自治体で利活用が進められています。

本構想は、主に①バイオガスプロジェクト、②バイオエタノールプロジェクト、③BDFプロジェクト、④木質バイオマスプロジェクトの4つの柱により構成されており、各プロジェクトの実施により、地域のエネルギー自給を高め、二酸化炭素の排出を削減し、地域循環型社会の形成を推進します。

詳細はこちら(PDF:1MB)

5.“フードバレーとかち”דバイオマス産業都市”

バイオマスは、農業生産を支えるエネルギーや飼料、肥料など十勝全域という圧倒的なスケールの中で多段階に循環活用できるポテンシャルを持っており、他地域にはない大きな特色となっています。

環境に優しいバイオマスエネルギーと有機循環型農業は、十勝の農畜産物の生産にかかる基礎的な価値を高めるとともに、これらを原料とした加工品の付加価値を押し上げます。このようなバイオマス資源を活用した地域産業の循環モデルは、この地域の魅力を向上させ、様々な分野への波及など価値の連鎖を生み、新たな産業や雇用を創出します。

十勝では、行政機関、関係団体、試験研究機関など地域が一体となって、地域の優位性である食と農林漁業を柱とした産業政策「フードバレーとかち」を推進していますが、もう一つの優位性であるバイオマスを活用した産業施策を展開することにより、持続的な地域経済を確立し、個性と魅力ある地域社会の形成を目指します。

事業者の方へ

十勝地域では、バイオマスを活用した事業を展開する事業者を応援しております。

「こんな事業を考えているけど・・・」
「こんな事業者を紹介してほしい・・・」
「こんな技術をPRしたい!・・・」
「どんな補助事業があるの・・・」

環境に優しい低炭素社会、農・食・エネの自給社会を一緒に実現しませんか?
バイオマス事業にご興味のある方、まずはお住まいの自治体までお気軽にご相談ください。